2017年6月7日水曜日

7/22【東京】地球温暖化と山の雪、里の雪 / 川瀬宏明さん

第45回気象サイエンスカフェ東京
日時 2017年7月22日(土) 14:00から16:00まで(受付開始13:30)
場所 東京理科大学理窓会 第2会議室
 (東京都新宿区神楽坂2-6-1 PORTA神楽坂7階
 (飯田橋駅(JR西口改札、地下鉄B3出口)から徒歩数分)
 (神楽坂を上りはじめてすぐ左手のビル ポルタ(PORTA)神楽坂7階

テーマ:「地球温暖化と山の雪、里の雪~暑い夏を前に、雪の話で涼みましょう~」
ゲストスピーカー:
 川瀬宏明さん
 (気象庁 気象研究所 主任研究官気象予報士、博士(理学) 
ファシリテーター:
 二村千津子さんNHK福井 気象キャスター
  • 参加費:無料
  • 飲み物は各自でご用意ください
  • どなたでも参加できます。
  • 申し込み:日本気象学会ウェブサイトのフォームから事前登録をお願いします。 http://www.metsoc.jp/about/educational_activities/science_cafe/entry
  • 登録すると、受付確認メールが届きます。
  • 複数人数での参加の場合は、代表者名と人数を登録してください。
  • 事前登録の後、都合が悪くなった場合はメールで事務局に連絡をお願いします。
  • 定員に達した場合には申込受付を締め切らせていただきます。
  • 定員:35名(先着順) 
「気象サイエンスカフェ東京」は、気象や防災、環境にまつわる科学技術と社会の関わりを語りあうイベントです。

暑い日に、雪の話を聞いて涼みませんか?
今回はスピーカーに気象研究所の川瀬宏明さんを迎えて、地球温暖化と日本の雪についてお話していただきます。
川瀬さんは気象予報士でもあり、アウトリーチも積極的に行っています。気象キャスターの二村さんをファシリテータとして、最新の研究を交えながらお話をうかがいます。

【ゲストスピーカーから一言】
私は筑波大学で博士号を取得後、海洋研究開発機構(JAMSTEC)や国立環境研究所を経て、気象庁に入庁した異色の経歴の持ち主です。
34歳でも気象庁に入る方法があります)。
その経歴を活かして、今回は地球温暖化予測研究の最新の話題や裏話を、
雑談を交えてお話しします。
また、暑い時に暑い話ばかりするのもなんなので、
後半では頭だけでも涼しくなってもらえるように地球温暖化と日本の雪の話をする予定です。
参加者の皆さんと気楽に地球温暖化や雪の話をできればと思っています。



ご参加お待ちしております!
(気象サイエンスカフェ東京 スタッフ一同)



◇ゲストスピーカーの紹介
20063月 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 卒業 博士(理学) 取得
20064月 海洋研究開発機構 地球環境フロンティア研究センター 特任研究員
200812 国立環境研究所 大気圏環境研究領域 NIESポスドクフェロー
20114月 同研究所 地球環境研究センター 特別研究員 (組織改編)
20117月 海洋研究開発機構 次世代モデル研究プログラム 特任研究員
20124月から研究員
20144月 気象庁気象研究所 環境・応用気象研究部 第三研究室 研究官
20174月から主任研究官
現在に至る



主催
(公社)日本気象学会教育と普及委員会 / (一社)日本気象予報士会