2018年1月17日水曜日

2/10【四日市】春一番はなぜ吹くのか? / 西井和晃さん・多森成子さん

【第14回気象サイエンスカフェ in四日市】
日時 2018年2月10日(土) 17:00〜19:00(受付16:30開始)
場所 諏訪栄町珈琲
近鉄四日市駅より徒歩約5分
(三重県四日市市市諏訪栄町15-3 有馬ビル2階)

■テーマ:春一番はなぜ吹くのか?
■スピーカー:2人の掛け合いで話を進めます

 西井和晃さん三重大学生物資源学研究科 准教授
 多森成子さん(三重テレビ 気象キャスター)
■参加費:700円(飲み物とケーキ)
■定員:50名(先着順)

 どなたでも参加できます
■申し込み:メール=s_cafe_nagoya[at]yahoo.co.jp([at]は@に置き換えて下さい)  日本気象予報士会東海支部 岩田 宛
※件名は「気象サイエンスカフェ参加希望」とし、本文に氏名および連絡先、所属を記入。
(複数人数での参加の場合は、代表者名と人数を記入してください。)
※定員に達した場合には申込受付を締め切らせていただきます。

※申し込み後に都合が悪くなった場合もご連絡ください
■案内(PDFファイル)はこちら

気象サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が、飲み物を片手に気軽に話題について語り合う新しいコミュニケーションの場です。「気象サイエンスカフェin名古屋」14回目は初めて四日市に場所を変えて開催します。テーマは「春一番」です。


【西井和晃(にしいかずあき)さんのプロフィール】
 専門分野:異常気象、温帯低気圧など

 2006年 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 特任研究員
 2011年 東京大学先端科学技術研究センター 助教
 2016年 三重大学大学院生物資源学研究科 准教授

【多森成子(たもりせいこ)さんのプロフィール】
 三重テレビ気象キャスター

 「三重テレビNEWSウィズ」「みえの風紀行」ほかに出演
 気象予報士、防災士
 NPO法人気象キャスターネットワーク会員
 三重県エネルギービジョン推進会議委員
 環境省地球温暖化防止コミュニケーター
 テレビに出演する傍ら、講演活動を行う
 




主催 (公社)日本気象学会中部支部 / (一社)日本気象予報士会東海支部 
お問い合わせは日本気象予報士会東海支部 岩田までs_cafe_nagoya[at]yahoo.co.jp([at]は@に置き換えて下さい)  

2017年12月28日木曜日

1/27【関西】クルマは気象を駆け巡る  / 難波良彰さん

【第11回 気象サイエンスカフェ in 関西】
日時 2018年1月27日(土) 14:30〜16:00(受付14:00~)
場所 英國屋心斎橋本店
(大阪市中央区心斎橋筋2-1-31 煉瓦館ビル)
 地下鉄御堂筋線心斎橋駅徒歩5分
(周防町通(ヨーロッパ通))
 → お店紹介はこちら(※心斎橋本店です)

■テーマ:クルマは気象を駆け巡る
~元・自動車開発エンジニアはモーターショーをどう見たか?~
■スピーカー:難波良彰さん
日本気象予報士会 近畿ブロック理事)
■参加費:920円(ケーキセット。ドリンクは選べます)
■定員:20名程度先着順。
(申し込み締切:1月24日(水))
(定員になり次第締め切らせていただきます)
■参加申し込み、お問い合わせ
 メールにてお申し込みください。
 件名は「気象サイエンスカフェ参加希望」とし、
 本文には住所・氏名・連絡先電話番号を記入してこちらまで送信してください。
 → 詳細はこちら
 参加申し込み後に都合が悪くなった場合も同じ宛先にご連絡ください。
 

 サイエンスカフェは、科学者などの専門家と一般の市民が、飲み物を片手に気軽に科学などの話題について語り合うコミュニケーションの場です。どなたでも参加できます。

 今回の気象サイエンスカフェin関西では、大手自動車メーカーで車両空調や全天候再現装置の開発エンジニアを経験した気象予報士が、カーエアコンの正しい使い方(実はそんなものがあるんです)や作動メカニズム、ガソリン車VS電気自動車の意外な強み・弱み・そのほか気候・天候と自動車にまつわる便利で楽しいお話を提供します







2017年11月23日木曜日

2/3【かごしま】火山灰を雨雲レーダーで観測すっど / 眞木雅之さん

【第5回気象サイエンスカフェ in かごしま】
日時 2018年2月3日(土) 16:00〜17:30(受付15:30開始)
場所 マルヤガーデンズ7F グッデイ
鹿児島市呉服町6-5 
(JR鹿児島中央駅から鹿児島市電約10分 いづろ通電停すぐ)

■テーマ:火山灰を雨雲レーダーで観測すっど!
 ~研究最前線!灰はどこに流れるの?~
■ゲスト:眞木雅之さん
 (鹿児島大学地域防災教育研究センター 特任教授
■ナビゲーター:

 今村聡さん
 (NHK鹿児島放送局
 松浦悠真さん
 (KKB鹿児島放送)
■参加費:500円(ドリンク、お菓子付)
■申し込み:メール又は電話、FAXで鹿児島地方気象台まで参加者氏名・人数・代表者の連絡先(電話番号・メールアドレス)をお知らせください。

・メールはこちら

・電話:099-250-9912
FAX:099-255-4234
※申し込み締め切り2018年2月1日(木)

※定員になり次第申し込み終了

※申し込み後都合が悪くなった場合はお知らせください
■定員:30名(先着順)

気象サイエンスカフェは、天気に関わる専門家のお話を、カフェでゆるりと聞くことができる市民向けのトークライブです。
どなたでも参加できます





主催 (公社)日本気象学会 九州支部  /  鹿児島地方気象台 / (一社)日本気象予報士会 鹿児島支部

2017年10月25日水曜日

12/2【東京】竜巻とダウンバースト / 小林文明さん


第46回気象サイエンスカフェ東京
日時 2017年12月2日(土) 14:00から16:00まで(受付開始13:45)

場所 一般財団法人日本気象協会会議室

(JR・地下鉄・東武・西武 池袋駅から徒歩8分)
(地下鉄有楽町線東池袋駅から徒歩3分)
(サンシャインシティ
テーマ:「竜巻とダウンバースト / 極端気象について語ろう
ゲストスピーカー:
 小林文明さん

 (防衛大学校地球海洋学科 教授理学博士 
ファシリテーター:
 岡田桂子さん

 (気象予報士、日本IBM The Weather Company 勤務)

  • 参加費:無料
  • 飲み物は各自でご用意ください
  • どなたでも参加できます。
  • 定員に達したため、申込み受付を締め切りました
  • 申し込み:日本気象学会ウェブサイトのフォームから事前登録をお願いします。http://www.metsoc.jp/about/educational_activities/science_cafe/entry
  • 登録すると、受付確認メールが届きます。
  • 複数人数での参加の場合は、代表者名と人数を登録してください。
  • 事前登録の後、都合が悪くなった場合はメールで事務局に連絡をお願いします。
  • 定員に達した場合には申込受付を締め切らせていただきます。
  • 定員:30名(先着順) 
「気象サイエンスカフェ東京」は、気象や防災、環境にまつわる科学技術と社会の関わりを語りあうイベントです。
竜巻やダウンバーストなどのシビア―ストームについて、
研究の歴史、発生メカニズム、わが国における発生実態、被害の特徴、観測、予測可能性など日頃の質問にお答えします

ご参加お待ちしております!

(気象サイエンスカフェ東京 スタッフ一同)




◇ゲストスピーカー 小林文明さんの紹介

小林文明さん
北海道大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士後期課程修了、
理学博士。
防衛大学校地球科学科助手、同講師、同助教授を経て
現職 防衛大学校地球海洋学科 教授に至る。
専門はメソ気象学、レーダー気象学、大気電気学。
主な研究対象は積乱雲および積乱雲に伴う雨・風・雷。
著書に「竜巻」「ダウンバースト」(成山堂書店)、「スーパーセル」(監訳:図書刊行会)などがある。

◇ファシリテーター 岡田桂子さんの紹介

2010年に気象予報士試験に合格。
岡田桂子さん
2012年、株式会社ポッケにて体調変化と天候の関係に着目したヒットアプリ「頭痛ーる」を考案、開発ディレクターを務める。「TABROID神アプリ大賞2013」を受賞。その後、株式会社ウェザーマップに所属しNEXCO東日本「ドライビングウェザー」、NHK山形「夕方ニューズ・やまがた6時」、TBS「ひるおび!」に出演。その他、山形県南陽市「平成28年度防災気象講演会」、夢★プロジェクト「こどもおしごと道場」講師など。
現在は日本アイ・ビー・エム ワトソン事業部 ザ・ウェザーカンパニー アジア太平洋気象予報センターで勤務。





主催
(公社)日本気象学会 教育と普及委員会  /  (一社)日本気象予報士会
協力
(一財)日本気象協会

2017年10月6日金曜日

12/17【九州(福岡)】「線状降水帯」に詳しくなろう / 川野哲也さん



10月に台風21号接近に伴い、中止となりましたが、
リベンジ開催!!
日時 2017年12月17日(日) 14:45〜16:30 (受付14:30~)
福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14 福さ屋ビル
(JR・福岡市営地下鉄 博多駅筑紫口徒歩1分)
■テーマ:「線状降水帯」に詳しくなろう
 ―平成29年7月九州北部豪雨をもたらした、その正体―

■案内人:栗原めぐみさん
 (RKK熊本放送 気象キャスター)
■申し込み:日本気象学会九州支部事務局(福岡管区気象台 防災調査課)へ
メール又はFAXで、
参加者全員のご氏名、代表者連絡先(電話番号又はメールアドレス)、差支えなければ所属、希望ドリンク(コーヒー・お茶・不要のいずれか)
をお知らせください
メールはこちら。FAXは092-725-3163
※定員になり次第受付を終了(10月17日締切)
■参加人数:30名(申し込み先着順)
申し込み後都合が悪くなった場合もご連絡ください
暖候期(特に梅雨期)に、毎年のように日本各地で集中豪雨が発生します。本年7月5日から6日にかけて福岡県と大分県を中心とした平成29年7月九州北部豪雨は記憶に新しいですね。
このような集中豪雨をもたらす現象として「線状降水帯」という言葉がマスコミなどでも使われるようになってきました。
「線状降水帯」の厳密な定義はなく、文字通り「線状になった降水域」ですが、その中でも特に「同じ場所に長時間停滞し、局所的に大雨をもたらす降水域」をさします。
今回の気象サイエンスカフェでは、このような線状降水帯の形態と発生環境場についての最新の知見を紹介しながら、集中豪雨をもたらす線状降水帯の正体に迫ります!


主催 (公社)日本気象学会 九州支部 / 福岡管区気象台 / (一社)日本気象予報士会 西部支部